© 2019 by Life Compass.

Join our mailing list 

ブログが更新されたらメールが届きます

  • Mako

【就職 / 転職】自らが成長できる企業ってなんだろう?

最終更新: 2019年6月19日



近年、終身雇用の崩壊、働き方の多様化などの煽りを受けてか、『安定的な企業』から『自らが成長できる企業』に就職したい人や転職したい人が増えてきました。


リクルートキャリアからも企業選びの軸が変わってきているとの記事が公開されてましたね。


就活生、入社予定企業の決め手は?「年収」や「企業規模」よりも「自らの成長期待」がTOP 男女別、業種別でも差が出る結果にhttps://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190131-01/


では自らが成長できる企業とはどのような企業なのでしょうか。

少し分解して考えたいと思います。


自らが成長できる企業の大切な要素としては以下などがあります。


◎なりたい自分が実現できる..."サッカー選手になりたい!"とか、"保育士になりたい!"とか、明確な目標がある人はその目標に向かって頑張れますよね。


◎優秀な上司がいる...仕事ができるようになりたかったら仕事ができる人と一緒に、センスがよくなりたかったらセンスの良い人と一緒に、出来る人の真似をすると最短で効果が出てきます。


◎チャレンジさせてもらえる...出来なかったことや新しいことにチャレンジし、都度問題や課題に向き合い解決に導く試行回数が多ければ多いほど人は成長します。失敗も大事。


◎会社(業界)のポテンシャル...ポテンシャルが高い=市場からの需要が高く、需要が高いと供給も高くなるので、新規事業や人材に投資モードになる企業が多いです。

新規事業に投資モードだとチャレンジの機会が多いですし、人材に投資モードだと会社が成長機会を与えてくれます(例えば研修や教育支援金の給付などもその一つ)。


◎その会社(もしくは製品)が好きかどうか...これも大切な要素ですね。会いたい芸能人がいるからTV関係の仕事に就く、洋服が好きだからファッション業界に行く、高いモチベーション維持は人を大きく成長させる上で重要な精神状態です。




私の場合は "なりたい自分" が30歳くらいまで明確になかったので、自分が好きな製品やブランドに携わりたい × ポテンシャルの高い業界(新しいことができそう) × 一緒に働く人が好きかどうか という3つの要素で企業選びをしてきました。

その軸で選び、徐々に "チャレンジ" や "お給料" も意識するようになってきました。


本当にいろいろな要素がありますが、一番大切なことは、どの要素があれば "今の自分" がワクワクするか をきちんと自己分析して定義することだと思います。

再掲ですが、高いモチベーション維持は人を大きく成長させる上で重要な精神状態です。



ちなみに要素探しには以下のランキングもとても参考になりますので、就職先や転職先を考えている方は是非覗いてみてください。

Great Place to Work Institute https://hatarakigai.info/

⇧世界60カ国以上で従業員意識調査を行い、調査結果をもとに毎年「働きがいのある会社」ランキングを発表している機関です


「働きがいのある企業ランキング」Vorkers https://www.vorkers.com/award/

ノミネートされている企業は、ランキングにノミネートされるように自社で大いに働きかけているという事情もありますが、こういう場所にノミネートされるように人事なり広報やなりが頑張っている企業自体、アグレッシブでいい会社だと思います。